素敵女子になるには?を考えるブログ

素敵女子

ファッション 恋愛・結婚

恥ずかしい思いはしたくない!暑い夏を乗り切るデート服対策4選

投稿日:

デートには可愛い服で出かけたいものです。7月にもなると露出が高めな服を着る機会も多くなります。

家で鏡で見た時は「完璧!」と思っても、彼には微妙なところを見られている可能性もあります。いくらかわいいデート服でも、出かける前に気を付けたいポイント4つを紹介します。

パンツの色やライン透けてない?

夏は素材が薄めの服を着る機会も多くなります。色味が薄かったり、シフォンのような薄い素材のボトムスを着ることもありますし、白のパンツやスカートも夏のファッションには映えます。

でも、そこで気を付けたいのがパンツの色やラインが透けてしまっていないかです。薄手の素材だとパンツのラインがハッキリ見えてしまっていることが少なくはありません。

家のライトではあまり気にならない程度でも、外の光ではばっちり見えてしまうこともあります。薄い素材や色味のものを着るときはシームレスのパンツやベージュのパンツなどを選びたいものです。

汗ジミが気になって仕方ない

夏のファッションの大敵と言えば汗ジミです。出かける前はクーラーのしっかり効いたお部屋だからいいものの、一歩外に出れば汗をかいてしまうものです。

黒や白のトップスであればわかりづらいですが、パステルカラー、原色、グレーなどの色味の服は汗ジミがかなりわかりやすく、自分で気づく前に相手に気づかれてしまうこともあります。

どんなにきれいなメイクをしていても、汗ジミは魅力を半減させますから、汗パッドを使うなどして対処しましょう。

夏祭りには浴衣がぴったり

浴衣は夏らしさを演出するファッションとしては欠かせません。着るのも着物に比べればかなり簡単ですから、自分で着る人も多いでしょう。

でも、動画やサイトで着方を見ながら着たせいで、向かって左を前にして着てしまっている人が実は結構いるんです。相手から見て左を前にするのは死装束と言って、亡くなった人へ着物を着させる時の着せ方なので注意してください。

また着崩れて裾がぐちゃぐちゃになっているのもみっともないですから、こまめに直しましょう。

ムダ毛大丈夫?

わき毛を気にして処理している人がほとんどだと思いますが、ノースリーブを着た時の二の腕やショートパンツを履いたときの太ももは大丈夫でしょうか。産毛のような毛も陽の光を浴びるとキラキラ輝いて見えてしまいます。水着を着た時のVラインも要チェックです。また、毛がチクチクしすぎて水着を突き抜けている姿を見られるなんて最悪です。

スポンサーリンク


-ファッション, 恋愛・結婚

Copyright© 素敵女子 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.